詩音

1993年3月7日生まれ (享年12歳6ケ月)
性別:女の子
性格:やさしくて、おっとり
    甘えん坊 おりこうさん
趣味:ママのストーカー
    おしゃべり 寂しい時、歌を歌う
    


  シーナとの思い出

           

初めて飼ったワンコがシーナです。一粒種で目にいれても痛くないくらいかわいがっていました。
2005年9月に12歳6ヶ月で亡くなりました。炎症性乳がんという病気で病気に気がついた時は
もう癌が肺にまで転移していて、どうすることもできませんでした。

シーナは、犬の従順さ、純粋さ、かわいさを教えてくれた子で、本当に幸せで私たち家族を包んでくれた子でした。最後は、痛みもあったと思うのですが眠った様な安らか顔で私の腕の中で息を引き取りました。
必ず来る別れとは解かっていても、今までの人生の中で一番の辛い悲しい別れでした。

犬を家族のように可愛がってる人に、是非聞いてほしい我が家のシーナの話があります。
シーナと最後のお別れをして、家に帰るとシーナのご飯入れの中に一匹のハエが入っていました。
窓閉めてたのに、何故?って思いながらその時はあまり気にしてませんでした。ところが、そのハエが家族のいる所、所 ついて来るのです。リビング、台所、寝室。ついてくるだけじゃなく体にずっと止まったり、床を歩いたり。ふつうのハエの行動とは朗かに違ってました。
家族にしかわからない、シーナの行動とそっくりでした。
シーナが亡くなった時、側にいなかった主人にお別れを言いにきたのかなって思いました。
朝も、どこかともなく飛んできてきて起こしてくれて、家に帰れば、体のまわりを嬉しいかのようにブンブン飛んで、出かける時は私の布団の上でジッとしていました。
ちょうど1週間目に、窓に向かってブンブンしてるのできっともう天国へ帰る日なのかなって思い、
窓を開けてあげたら真っ青な空に向かって飛んで行きました。

犬は決して家族の愛情を忘れません。
私も、シーナが与えてくれた愛や過ごした幸せな日々を忘れません。